診療内容

フェイスケア

小顔・輪郭治療

エラ・頬・顎骨切りによる小顔・輪郭形成とは

エラ・頬・顎骨切りによる小顔・輪郭形成とはその名の通り、張っているエラ、頬、顎先を切ったり削ったりすることで、輪郭を整える小顔形成術です。「輪郭3点」とも呼ばれています。他の輪郭・口元の骨切り手術に比べダウンタイムが短く、さらに口の中からアプローチするため傷跡が外に残りづらいことから、希望する方が年々増加しております。

また、骨は沢山切除することは簡単ですが、切れば切るほど小顔になるわけではありません。骨を切除しすぎると、支え(骨)のなくなった脂肪や皮膚などの組織が弛んだり、フェイスラインがぼやけてしまうため、骨の切除量は細かい調整が必要です。

当院の輪郭3点は、患者様1人1人の骨の突出具合や左右差を考慮した骨切りプランを立て、たるみを最小限に抑えます。それでも年齢や個人差により弛みが出る場合はハイフ等の機械治療から、脂肪吸引やフェイスリフトなど引き締め系の外科手術も一緒に提案させていただきます。

下顎角形成術(エラ削り)
えら術前・えら術中・えら術後"

下顎骨のエラの部分を下顎角部といいます。この部分の張り出しが強く、ホームベース型の輪郭や四角い顔の方が顎角形成術の適応となります。
下顎角部だけ斜めに骨を切り取る手術がありますが、これは十分な効果がないだけではなく、フェイスラインに段差ができてしまい不自然な形になるので、注意しなければいけません。
きれいなラインを作るためには下顎下縁の骨を角部から顎先までなめらかなラインで切除し、さらに外板の切除を行うこともあります。 また横から見てもエラが張っていて四角く見えるという場合には、下顎骨の下縁の骨を切除し横から見た下顎骨のラインを整えます。

【可能性のある治療リスク】
左右差、腫れ、内出血、感染、傷痕、色素沈着、異物反応、痛み、しびれ、その他知覚異常、脱毛、組織壊死、視力障害、顔面神経障害、アレルギーやショック反応など
※症状の出方や経過には個人差があります。

⇒ 料金表(最下段)へ移動

頬骨骨切り術
頬骨術前・頬骨術中・頬骨術後"

正面・斜めから見たときに、頬骨が側方へ出っ張って、フェイスラインがゴツゴツして見える場合、頬骨骨切り術の適応となります。
当院の頬骨骨切り術は、頬骨の骨切りと、骨削りの2つの方法を組み合わせて行っています。
手術は、左右の上歯茎を小さく切開し頬骨体部の骨を切除し、さらにもみあげ後方の切開から頬骨弓部の骨切りを行います。
そして頬骨体部と弓部を顔の中心に向かってに引き寄せ、頬骨の横径を狭めます。この時、体部には多少の段差が出ますので、その部分は電動のヤスリで削り込んで、フラットになるように整えます。そして動かした骨片は、チタン製のプレートで固定します。

【可能性のある治療リスク】
左右差、腫れ、内出血、感染、傷痕、色素沈着、異物反応、痛み、しびれ、その他知覚異常、脱毛、組織壊死、視力障害、顔面神経障害、アレルギーやショック反応など
※症状の出方や経過には個人差があります。

⇒ 料金表(最下段)へ移動

オトガイ形成術
オトガイ術前・オトガイ術中・オトガイ術後"

咬み合わせに問題なく、下顎の大きさ・長さが理由で顎が突出しているように見える場合、オトガイ形成術の適応となります。
オトガイ形成術は、頬骨同様、「削る」手術と頬骨を「骨切りする」手術の2つの方法があり、場合によってはこれらを組み合わせます。
口の中から切開していき、下顎部の骨の先端やその両端を削ることにより、形を整えます。

【可能性のある治療リスク】
左右差、腫れ、内出血、感染、傷痕、色素沈着、異物反応、痛み、しびれ、その他知覚異常、脱毛、組織壊死、視力障害、顔面神経障害、アレルギーやショック反応など
※症状の出方や経過には個人差があります。

⇒ 料金表(最下段)へ移動

輪郭3点
輪郭3点術前・輪郭3点術中・輪郭3点術後"

頬・エラ・オトガイの骨切りを組み合わせることで、より小顔効果を得ることができます。

【可能性のある治療リスク】
左右差、腫れ、内出血、感染、傷痕、色素沈着、異物反応、痛み、しびれ、その他知覚異常、脱毛、組織壊死、視力障害、顔面神経障害、アレルギーやショック反応など
※症状の出方や経過には個人差があります。

⇒ 料金表(最下段)へ移動

エラ・頬・顎骨切りによる小顔・輪郭形成術の経過

・腫れ/内出血:2~3日が目立つ腫れや内出血のピークで、2週間程度で徐々に落ち着き、人前に出ることが可能です。完全に落ち着くのは3ヶ月程度です。
・生活:約2週間は安定させるためにフェイスバンドで圧迫します。食事は1ヶ月程度は柔らかいものを選んでいただきます。

当院では、ダウンタイムを最小限にするために、腫れ予防・痛み止めの点滴などのアフターケアを行っております。
さらに、合併症予防のために手術後にボトックスを注入することもあります。

エラ・頬・顎骨切りによる小顔・輪郭形成術合併症

左右差、腫れ、内出血、感染、傷痕、色素沈着、異物反応、痛み、しびれ、その他知覚異常、脱毛、組織壊死、視力障害、顔面神経障害、アレルギーやショック反応などの合併症がおこりえます。

骨切り手術の料金
輪郭 下顎角形成術 (エラ形成術) ¥1,320,000
頬骨形成術 (頬骨骨切り移動術) ¥1,320,000
おとがい骨切術 (前進術・短縮・Vライン) ¥880,000
頬骨+下顎角+オトガイ (輪郭3点) ¥2,200,000
下顎角+オトガイ (Vライン形成) ¥1,540,000
口元 下顎骨切り術 (矢状分割) ¥1,320,000
上顎骨切り術 (ルフォー1) ¥1,870,000
上下顎骨切り術 (ルフォー1+矢状分割) ¥2,310,000
下顎分節骨切り術 ¥1,210,000
上顎分節骨切り術 ¥1,320,000
上下顎分節骨切り術 ¥1,980,000
プレート・ワイヤー抜去 (当院) ¥440,000
プレート抜去 (他院) ¥660,000

※消費税込み表記となっております。
※東京院のみの対応となります。
※2つ以上の組み合わせの場合、低額の施術費用は20%~50%割引となります。
※他院修正は+20%となります。
※全身麻酔費用¥176,000別途となります。

★モニター募集中!
モニターご協力で料金さらに割引!!
口元・顎矯正手術
小顔・輪郭治療
セットバック・口ゴボ治療
English 中国語 簡体 中国語 繁体 韓国語