診療内容

ボディケア

胸(バスト)

豊胸手術(インプラント豊胸)

乳腺と脂肪組織の代わりに豊胸インプラント(バッグ)を挿入することでバストを大きくする方法です。自然で美しいバストを形成するためには、おひとりおひとりの骨格や肉付きなどを詳しく診断し、最適な豊胸インプラントの挿入位置を選択することがとても重要になってきます。 豊胸インプラントによる豊胸手術は、高度な技術と手術後のアフターケアをしっかりと行うことで、現在では長期的にバストアップ効果が持続できる唯一の方法です。当院では皆様に安全でご満足度の高い「豊胸手術」をお受けいただくために、手術前から手術後まで身体と精神的なフォローアップをしっかりと行う「トータル安心ケア」をモットーとした診療を行っています。

メンター社優良認定

当院は豊胸手術における技術と豊富な実績、信頼性が認められ、美容先進国アメリカにおいてシェア50%以上を誇る、世界一流豊胸バッグメーカー「メンター社」より優良認定を頂いております。

豊胸手術(インプラント豊胸)症例
豊胸手術症例1
豊胸手術症例2
加藤総院長 コメント

術前、左右でブラサイズが1cup以上の差があり、右胸部前面が左胸部に比べて凹んでいました。この左右差を修正するため高さの異なるタイプのインプラントを選択しました。患者さんと患者さんのお嬢さんも仕上がりをとても気に入って戴いております。

全ての症例を見る

このページのトップへ

料金表
250cc 未満 ¥900,000
250cc 以上 ¥1,200,000

※消費税抜き表記となっております。
※インプラント代(豊胸バッグ)、麻酔代込み料金です。
※クレジットカードなど分割お支払いも可能です。

このページのトップへ

豊胸手術(インプラント豊胸)スケジュール
TEL相談 または メール相談

ご質問等お気軽にお問い合わせ下さい。一般的なご質問から医学的なご質問まで詳しくご返答いたします。医学的なご質問に関しましては、正確な情報をご返答する為に、逐一ドクターに確認するよう努めております。

ドクターカウンセリング (初診・再診・カウンセリング無料です。)

執刀ドクターとのカウンセリングになります。手術方法などの詳しい説明はもちろんのこと、患者様のご希望や動機なども詳しくお伺いするため、時間を充分にお取りした内容の濃いカウンセリングを行っております。 また手術を行う、行わないに関わらず何度でもカウンセリングは可能ですので、ご納得いくまでご相談下さい。 お忙しい方やご遠方の方で、ドクターカウンセリングにご来院が難しい方は、TEL、メールでのドクターカウンセリングも可能です。

ドクターからの返信希望とご記入ください。ドクターからの返答は少々時間を頂戴する場合がございます。予めご了承下さい。

事前にTELでご予約頂き、ご希望日時に当院(ドクター)よりご連絡差し上げます。

手術当日

手術時間は約1時間です。安全を大前提としまして、自然でキレイなバストを形成できるよう、きめ細かい丁寧な手術を行っております。手術終了後2~3時間リカバリールームでごゆっくりお休み頂き、身体の状態が落ち着かれましたらご帰宅となります。

術後3日目検診

状態の確認とバストバンド・ドレーン抜去を行います。
(バストの状態により4日目になる場合があります。)

術後7日目検診

状態の確認と抜糸、カプセル拘縮を予防するためのマッサージ指導を行います。
※テクスチャータイプ豊胸バッグの場合は基本的にマッサージはありません。

以降

2週間後、1ヵ月後、3ヵ月後、6ヵ月後、1年後を目安としまして定期的に状態を確認させていただく為の定期検診をお願いしております。また上記に定めた日程以外でも状態の不安や疑問点などございましたら、いつでもご来院頂き検診をお受けいただけます。より良い状態を保つ為に出来る限り検診にご来院いただきたいのですが、どうしても定期検診のご来院が難しい方は、TELやメールでのアドバイス等も可能ですのでご安心ください。

このページのトップへ

豊胸インプラントについて

一般的に豊胸に使われる人工物をマンマリーインプラント(mammary implant)と呼び、その構造は外皮(シェル)と内容物で構成されています。 外皮(シェル)構造にはツルツルとした表面のスムースタイプと、ザラザラした表面のテクスチャータイプがあり、さらに内容物、形状(アナトミカル型・ラウンド型)の違いでみると数種類のバッグ(人工乳腺)があります。当院では主にシリコンジェルの豊胸インプラントを使用し、ワキの下から挿入する方法を行っています。

1992年に米国FDA(※)が医学的懸念からシリコンインプラント使用中止要請を出しましたがその後の研究により、発ガン・自己免疫疾患との因果関係が否定され、2006年11月米国FDAにおいて「メンター社」他1社のシリコンインプラントの使用が許可されました。現在日本では、再び多くの医師がシリコンインプラントを使用しています。 シリコンを内容物としたインプラントには2種類あります。シリコンの流動性があるジェル状タイプの物、シリコンの流動性を抑え万が一漏れた際の流失を防ぐコヒーシブシリコンです。安全性で見た場合、漏れ対策を考慮して開発されたコヒーシブタイプの方が優っているといえるでしょう。

シリコンインプラントはその他の内容物のインプラントと比較した場合、触感の良さに優れており、もともと乳腺のボリュームが少ない方にも違和感が少なく、もとの胸に馴染むといわれています。

※米国FDA・・・米国食品医薬品局。日本の厚生労働省にあたる。

米国FDA承認 シリコン豊胸バッグ
米国メンター社の「メモリージェルTM」

米国メンター社の「メモリージェルTM」(エリートジェルTMより名称変更)は、2005年4月、米国FDA諮問委員会が安全性、有効性の審査を行い、2006年11月に正式に使用が認可されました。現在世界各国で市販されている豊胸インプラントの中で、最も安全性が高く、副作用(カプセル拘縮)の確立が低いことが米国FDAの治験データにより証明されております。 「メモリージェルTM」は、特別に開発された医療用の最高品質のコヒーシブシリコンジェルで、人間の乳腺に極めて近い自然な弾力性を備え、体の動きに合わせて自然なバストラインを生み出す、形状記憶型の豊胸インプラントです。

豊胸インプラントでは初の「4層構造」

またシリコンジェルを包み込む外皮(表面部分)が、豊胸インプラントでは初の「4層構造」で製造されており、安全性も極めて高くなっています。メンター社製のシリコン豊胸インプラントは、現在米国をはじめ世界約50カ国で認可・使用されております。

豊胸インプラント伸長テスト

メンター社工場内で行われている「豊胸インプラント伸長テスト」風景。厳密なる数々の検査に合格したインプラントを使用しています。米国FDA承認。CEマーク(※)取得済です。

最もやわらかいテクスチャータイプの豊胸バッグ
プラスティ社「パーテース」

フランスのペルース プラスティ社「パーテース」テクスチャータイプ(豊胸バッグの表面がザラザラした、基本的に手術後のマッサージ不要タイプ)は、世界で最もやわらかいテクスチャータイプの豊胸バッグです。 バッグ表面のテクスチャー(凹凸)部分の大きさが他社メーカーの豊胸バッグに比べて飛躍的に小さいため、テクスチャータイプ特有のゴワゴワ感が解消されており、やわらかさを生み出す最大の特徴といえます。

主なメーカーの豊胸バッグ表面部分比較写真
●ペルース プラスティ社 「パーテース」バッグ
ペルース プラスティ社 「パーテース」バッグ
●アラガン社 「バイオセル」バッグ
アラガン社 「バイオセル」バッグ
●ユーロシリコン社 「クリスタル」バッグ
ユーロシリコン社 「クリスタル」バッグ
●アリオン社 「CMC」バッグ
アリオン社 「CMC」バッグ

「パーテース」マイクロテクスチャーは、凹凸形状が極小のため、小さい凹凸を数多く作ることにより、豊胸バッグと皮膜(カプセル)の癒着を小さくし、薄いカプセルを形成します。そのため、カプセルが厚くなることを防ぎ、やわらかいカプセルが形成されるので、やわらかなバストの感触が得られます。

また内容物のシリコンは、破れても外に漏れることの無い乳腺の感触に極めて近いソフトコヒーシブシリコンとなっております。表面(外皮)部分も3層構造となっており、分子レベルのシリコン漏れに対しても厳重な作りとなっています。 フランス国内においては40%のシェア(1位)を誇り、ヨーロッパ各国、南米でも使用されております。CEマーク取得済の安全性の高い豊胸バッグといえるでしょう。

「パーテース」バッグの圧迫テスト

ペルース プラスティ社で行われている「パーテース」バッグの圧迫テスト風景。数々の厳密な検査に合格した安全な豊胸バッグを使用しています。



当院ではメンター社の「メモリージェル」やペルース プラスティ社の「パーテース」、モティバエルゴノミクスインプラントといった安全性が高く、そして極めて本物のバストに近い感触を得られる豊胸バッグを厳選し採用しております。 診察においてご希望などをお伺いし、最適な豊胸バッグをご提案させていただきます。

このページのトップへ

インプラント挿入箇所
筋膜下(大胸筋前方)

従来の乳腺下法と大胸筋下法を改良した箇所にインプラントを挿入します。
特に乳腺下法と比べた場合、

  • 大切な組織を傷つける心配が無い為、術後の腫れ、痛みが少なく、回復も早い。
  • リップリングの回避が可能で、カプセル拘縮の可能性も極めて低い。
  • 長期的に見た場合豊胸バッグが極端に下方(お腹のほう)へ下がることを防げる。

といった特徴があります。

まず(1)ですが、従来の乳腺下法の豊胸インプラント挿入位置は、大胸筋前方筋膜上の乳腺後嚢(にゅうせんこうのう)と呼ばれる、リンパやクーパー靭帯、一部の乳腺がある部分に豊胸インプラントを挿入する為、この部分の組織を損傷してしまう可能性がありました。筋膜下法の場合は、乳腺後嚢の下にある大胸筋前方筋膜と大胸筋の間にインプラントを挿入しますので、乳腺後嚢の組織を損傷することが無いのです。従いまして術後の腫れや痛みが少なく、必要以上のダメージがない為、(2)のリップリングの回避可能で、カプセル拘縮の可能性も極めて低く回復も早いのです。また豊胸インプラントが乳腺に触れ無いためにより一層の感染症対策にもなっています。そして(3)ですが、インプラントを包み込んでいる大胸筋前方筋膜が、重力によって必要以上に下がろうとするインプラントを支持する役割を果たす為に、従来の乳腺下法に比べ長期的に挿入位置が安定します。

筋膜下(大胸筋後方)

また大胸筋の筋膜は前方だけではなく後方にも存在します。乳腺や脂肪組織が極端に薄い方の場合は、やはり豊胸インプラントの上方に筋肉を覆わせた方が、インプラントの輪郭が浮いて見えるのを予防し自然な仕上がりになりますので、筋膜法の利点を活かし、大胸筋と大胸筋後方筋膜の間にインプラントを挿入する後方筋膜下法を推奨しています。 見た目にも感触的にも自然なバストになるようにおひとりお一人の状態を詳しく診断して、挿入位置を検討決定いたします。

このページのトップへ

ナチュラルバストへのこだわり

近年、導入クリニックが増加しているコンデンスリッチといった様々な脂肪注入によるバストアップ法は、お腹や太ももといった箇所から、ご自身の脂肪を採取しバストに注入を行う方法ですが、痩せている方の場合、脂肪を大量に採取することが難しく、適応にならないケースが多いようです。
当院では、痩せている方でも、女性らしいバストアップを実現する、豊胸バッグによる豊胸手術を長年行ってきており推奨しております。 全身的に痩せている方の場合は、バストボリュームの90%を占める脂肪量も少ない、または限りなく無いに等しいケースが多く、単に豊胸バッグを挿入しても、皮膚とバッグ間の距離が短くなり、見た目の窮屈感と触り心地も不自然感を露呈しかねません。

ナチュラルバスト

そこで当院では、同じ内容量でも高さが低く、底面の広い豊胸インプラントを使用し、見た目も触り心地もナチュラルで、ボリュームも充分なバストを形成することが可能となっております。

豊胸手術を行った際、バストの自然な動き方について気になるのが、立位時と仰向けに寝た場合のバストの形があります。 立位時においては大胸筋下法の場合、豊胸インプラントの形の違いによって、不自然に見えることはありませんが、仰向けに寝た場合はインプラントの形もさることながら、骨格(胸壁)の違いに大きな差が生まれます。
バストの土台となっている胸壁が、前に出ている場合と、窪んでいる場合に応じてインプラントの高さを選定することが大切です。豊胸手術を希望される方の多くは、乳腺や脂肪のボリュームが少ないのですが、胸壁はむしろ前に出ている傾向があり、このような場合高さのある豊胸バッグを挿入すると、立位時におけるバストサイズは申し分ないのですが、仰向けに寝た場合に豊胸インプラントの輪郭がわかってしまい(特にバスト上方)不自然に出っ張ってしまいます。

豊胸バッグ

※同じ内容量(220cc)のシリコン豊胸バッグの比較一例です。左側が右側の豊胸バッグに比べ底面が広く、高さが低くなっています。

インプラント挿入比較

このように豊胸手術はただ単に豊胸インプラントを挿入してボリュームアップを行えば良いのではなく、骨格(胸壁)の状態などもしっかり把握し、立位時におけるバストの大きさもさることながら、仰向けに寝たときなど様々な状況に応じた自然さも考慮したインプラントの選定が大切になってきます。

このページのトップへ

安全な麻酔方法

手術には麻酔が必要ですが、麻酔の種類には大きく分けて「局所麻酔」と「全身麻酔」の2つがあります。全身麻酔が全身の感覚も意識も同時に麻痺させるのに対して、局所麻酔は手術を行う領域の感覚だけを麻痺させるので、意識はあります。
豊胸手術はバストだけの手術なので、理論的には局所麻酔で十分なはずですが、実際には、全身麻酔で行うのが一般的になっています。なぜなら局所麻酔をバスト全体に効かせるには何本もの注射を打たなければならず、注射自体が痛いのと薬の量が多くなってしまうのとで、患者様への負担が大きくなってしまうからです。

当院の豊胸手術では患者様お一人お一人の状態と、治療中、治療後のお身体への負担が最小限に抑えられるように考慮しまして、安全性が確立されている「全身麻酔」と、特殊な技術を要し局所麻酔の進化系とも呼ばれる「硬膜外麻酔」を採用しております。

当院では日本医科大学付属病院在籍時より麻酔科医として従事し

(社)日本麻酔科学会所属でもある加藤総院長の

豊富な経験と知識、熟練の技術で安全な麻酔法を実践しておりますので安心してご相談ください。

このページのトップへ

アフターケアについて

豊胸手術は手術前から手術後まで身体の状態はもちろんのこと、精神的なケアもしっかりとフォローアップすることで、皆様に安心で満足度の高い「豊胸手術」が成功します。 この項では、手術後に考えられるポイントと対処につきまして解説いたします。

人体の体内に異物が入ると、そのまわりには被膜が形成されます。異物周辺の組織に影響が出ないようにするための防衛機能です。被膜は定着するまで、異物をどんどん締め付けて小さく固めようとします。豊胸インプラントの場合も同じで、ただ入れただけでは形がくずれたり、固くなったりしてしまいます。これが「カプセル拘縮」といわれるものです。また手術後2週間位から安定したカプセルが形成される頃に、インプラントの回りに部分的にペコペコするところが出てくる場合があります。この状態を「リップリング」といいます。手術後6ヶ月間でカプセル拘縮が発生しなければ、以降の発生率は極めて低いことがわかっています。

当院では「カプセル拘縮」や「リップリング」を防ぐ為に、


●簡易マッサージ(スムースタイプ豊胸バッグを使用した場合)

●CET温熱法によるアフターケア

で対処することにより、発生率が極めて低くなっていますのでご安心下さい。

※お忙しい方やご遠方の方で頻繁にアフターケアにご来院できない場合でも、簡易マッサージをしっかり行っていただくことで充分に発生を予防できますのでご安心ください。

また当院には他のクリニックで豊胸手術を行い、カプセル拘縮を起こしてお悩みのご相談者が多くいらっしゃいます。手術を行ったクリニックでは「原因は体質だから仕方ない」と言われる事が多いようですが、当院で診察をさせていただいた方のほとんどは「体質ではない」ケースだと考えられ、今までに多くの方の改善治療をしておりますので一度ご相談下さい。

手術後インプラントのまわりで出血し血液がたくさん溜まって腫れることを「血腫」と言います。また血液が溜まっているとカプセル拘縮の発生率が高くなると言われています。
当院で行う豊胸手術は熟練の技術により出血は少なく、発生する可能性は極めて低いと言えますが、血腫予防ならびにカプセル拘縮予防、早期回復のために手術後3日間はドレーン(体内に溜まった血を排出する器具)の装着をお願いしております。
事故や劣化により豊胸インプラントの破損が考えられますが、現在主流である「コヒーシブシリコン」は万一破損が発生しても、内容物が流出することが無くバストの形態を崩すことはありません。またバスト(身体)に害を与えることはありませんのでご安心ください。 当院では手術後3年、以降2年毎のMRI検診を行うことにより、インプラント状態の確認を行い、安心してお過ごしいただけるような体制を整えております。

当院では豊胸手術後も安心してお過ごしいただけるように、手術前同様しっかりとしたフォローアップ体制を整えています。バストの状態を確認させていただく定期検診の実施や、最良の状態へ導く為の簡易マッサージ指導やCET温熱法によるアフターケア、そして少しでもご不安がある際には充分な検診時間をお取りし、手術後のご相談にも親身に対応しております。 豊胸手術をお受けになられた全ての皆様に、手術日、手術法、使用した豊胸バッグのシリアル番号を記載した保証書を発行しております。

豊胸バッグのシリアル番号を記載した保証書

豊胸手術後のバストを最良の状態へと導き、維持する為の検診です。ドクターならびに看護師がバストの状態を拝見し、必要がある場合は簡易マッサージ指導などの注意事項を直接お伝えし、手術後のバストをお守りいたします。検診は無料ですのでご質問やご不安がありましたらいつでもご来院下さい。

また他のクリニックで豊胸手術を受けられ、「豊胸バッグが最適な場所に入っているのか?」「カプセル拘縮があるのかどうか?」を知りたいという方でも、診察・検診が受けられますのでご相談下さい。
豊胸手術後における豊胸バッグの状態を画像で確認するのがMRI検診です。米国FDAよりメンター社製コヒーシブシリコンインプラントの承認に伴い、豊胸手術の3年後、以降2年毎のMRI検診の実施を推奨しており、当院におきましても積極的にお願いして参ります。

MRI検査、CT検査を専門に行っているクリニックです。

近年日本においての乳がん罹患数は、2003年には約38,000人(1970年の約3倍)が発症し、2015年には48,000人になると予想され年々増加傾向にあります。がん全般に言えることですが、乳がんにおいても早期発見を心がけることが何より大切です。豊胸手術が乳がん発症の原因にならないことは疫学的調査から明らかですが、豊胸手術を受けたために心理的要因から、検診に行きづらくなったと感じている方が多いようです。当院ではバストの美だけではなく健康面も考慮し、「当院で豊胸手術を受けられた方」のみならず、「他院で豊胸手術を受けられた方」や「豊胸手術は受けていないが乳がん検診を受けてみたい方」にも、信頼のある「乳腺・乳がん検診専門クリニック」をご紹介しておりますのでお気軽にご相談下さい。

長年の研究と検診を実施している信頼ある病院です。

カプセル拘縮の予防も含め、最良のバストへ導く為に豊胸手術後7日目から簡易マッサージを行っていただきます。(スムースタイプ豊胸バッグを使用した場合)方法などの詳細は検診時に分かりやすく丁寧にご指導いたします。

豊胸手術後、定期的にCET温熱法を行っていただくことで、術後の回復促進やカプセル拘縮予防などの効果があります。CET温熱法は高周波により体の深部の温度を3~5℃(部位によっては7℃)まで上げることで、血行促進、新陳代謝の活性化、活性酸素の排除などによって細胞を活性化する作用があります。そのためCET温熱法を手術後のバストに行うことで、身体とインプラントの馴染みが早くなり、より良いバスト状態へと導きます。

CET温熱法

化膿止め、痛み止め、腫れ止め、カプセル拘縮の予防薬など、必要充分な量のお薬をお渡ししております。 豊胸手術後の最低6ヶ月間は、市販のブラジャーなどアンダーラインを締めつける下着(特にワイヤー入り)は、バストの変形や位置のズレ、または、カプセル拘縮の原因となるため基本的に着用はできません。当院では、手術後4日目から着用可能なオリジナル下着を多数取りそろえておりますので、手術後の下着に関してもお気軽にご相談ください。

豊胸手術(インプラント豊胸)
ヒアルロン酸豊胸(プチ豊胸)
乳頭縮小
陥没乳頭修正
English 中国語 簡体 中国語 繁体 韓国語